HOME > はな整体院ブログ > 自分の子供や若い世代への健康不安

はな整体院ブログ

< ダイエット3ヵ月:鈴鹿市在住  |  一覧へ戻る  |  初詣で筒香選手と一緒になりました(⋈◍>◡<◍)。✧ >

自分の子供や若い世代への健康不安

ご訪問頂きありがとうございます。

今日はショックなことがありました。
本日耳ツボダイエット無料カウンセリングに
来られた20代の方

「高血圧」
「すでに薬を服用している」
(;゚Д゚)!?


2日前にカウンセリングで
「血圧が高めだが薬はまだ飲んでいない」
「痩せたら、血圧が正常範囲になると思うと
 病院で言われた」
とお話されていたのは51才。


20代で高血圧の薬を服用されている人
初めて出会って、かなりショックでした。

まだ未婚で、これから子供が欲しいと聞くと
「何事もなく妊娠生活を終え、母子ともに
 健康で無事にお産が終われるのかな!?」

本当に心配になりました。
私の知り合いの中に通常時は正常範囲内の
血圧だったのに妊娠してから血圧が高めに
なり、中毒症になって大変だった人がいます。

すでに高血圧の薬を飲んでいて出産できるのか?
なぜ、20代という若さで高血圧に??

色々な疑問・不安・心配が浮かんできます。

と同時に

病院は20代という若さの人に薬の処方をする前に
生活指導はできないのかな?

病院でできないなら、私に何かできることは
ないのかな?


妊娠・出産を控える若さだからこそ、安易に
薬を使うのではなく、生活習慣や食事を振り返えれる
時間を作るきっかけがあればいいのにな?


ふつふつと、色々な思いがあふれる日になりました。

若いからこそ、「本当に危険な事」だと自覚して
ほしいーー!

私たちはダイエットを通して
「食事の仕方でカラダは変わる」
こと体験していただくことでお客様に
学んでいただきますが、ダイエットに関わらず
特に若い人が生活習慣病になる前に何かもっと
できることがあれば・・・
と本当に思いました。


健康管理士として、3人の母親として
子供の将来の健康を守るのは親の義務だと
思います。

私が親として、してあげられることは
「健康を守る食事」
を教えておくことだと思いました。

でも、同じことを将来を担う若い世代に
伝えていけるツールがほしいです。

薬づけになる将来を避ける方法は
いくらでもあるのですから。


< ダイエット3ヵ月:鈴鹿市在住  |  一覧へ戻る  |  初詣で筒香選手と一緒になりました(⋈◍>◡<◍)。✧ >

このページのトップへ